本文へスキップ

熱交フィルムの株式会社アシスト 熱交換塗料を主剤とした、窓用 省エネフィルムの企画・製造を専門とするメーカーです。

TEL. 06-6855-0294

〒560-0011 大阪府豊中市上野西4丁目7-16-709

熱交フィルム製品紹介PRODUCTS

定番モデル

素   材 : 塩ビフィルム 厚み 250μ、幅100cm、長さ2mX5枚 計5シート 10m(1箱)
機能性材料 : 熱交換塗料 D-47
粘 着 方 法 : 自己粘着方式
施 工 方 法 : ガラス内貼り(基本は室内側から貼付)

『定番モデル フィルムデザイン』   

オーダーモデル

ご要望に応じ、ペットフィルム素材でも対応可能です、また粘着方法も強粘着剤仕様もご注文頂けます。
素   材 : ペットフィルム 厚み 50μm、幅100cm、巻き数20m(1巻)
        塩ビシートの場合は、定番モデルと同様(カット材での対応となります)
機能性材料 : 熱交換塗料 D-47
粘 着 方 法 : 自己粘着方式 もしくは強粘着剤仕様
施 工 方 法 : ガラス内貼り (基本は室内側から貼付)

施工例

2013年6月から、テストハウス2棟を使って効果検証 データを計測  

検査方法
計測器 ロガ−計測器 3台使用 1時間単位で計測
 1台目ー未施工の室内温度
 2台目ーフィルム加工(無地印刷)の室内温度
 3台目ー外気温(日陰、風通しの良いところで計測)

ハウス
一般住宅と同等の構造(ミニハウス南向きに設置)
間口外寸910mm x 奥行き1681mm x 屋根高さ2150mm
室内の高さ900mm(室内天井までの高さ)

フィルム
タフコート D-47 に無地印刷 (ペット 50μm)
施工場所 両サイドの 窓ガラス 450mm x 800mm 2枚
サッシ 全面(掃き出し) 1194mm x 900mm


  上図;テストハウス 温度比較グラフ  青色はフィルムあり、オレンジはフィルムなし

解説
熱交換塗料が、20−25℃あたりから活動が始まり温度が高くなるにつれ、温度抑制効果が高くなっている事が数値で示されている。また低温部域での保熱効果も少し見える。この点は冬場の測定で、もっと顕著にでてくると予想出来る。




バナースペース

株式会社アシスト

〒560-0011
大阪府豊中市上野西4丁目7-16-709

TEL 06-6855-0294
FAX 06-6855-0294